ルーキーコンテストとは

欧州各地で開催されている、世界的に活躍するプレゼンターへの登竜門となるイベントです。

このコンテストは、インストラクターとしての指導力を競うもので、審査内容は、コリオの組み方やリードの技術力はもちろん、動作スキル、音楽の使い方、参加者とのコミュニケーション、ウェアの着こなしなどにわたり、プレゼンターとして活躍していくための資質が総合的に審査されます。

 

欧州では、このコンテストで優勝すると、次の年から各地で開催されるコンベンションで引っ張りだこになるという、日本の漫才界で言う「M-1」のようなコンテストです。

 


出場資格


2018年1月時点で30歳以下でエアロビクスとステップ両方の指導ができる方。
優勝者は2018年1月の世界大会ルーキー部門に出場できます。(ご招待)


■審査内容

一次審査では、90分のエアロビクスマラソンの中で、キャッチの速さ、動きの巧緻性と正確性、エネルギーや華、ファッション性などが審査されます。

 

二次審査以降は、1人10分間、エアロまたはステップのリードの中で、動作スキル、コリオの独自性、ブレイクダウンの巧みさ、コミュニケーション力など、レッスンの指導力が総合的に審査されます。

二次審査以降は、ステップとエアロビクス両方の指導ができることが求められます。

 

最終審査では、1人20分間のリードとなります。

※最終審査は、ノンバーバルでのキューイングのみ可能(バーバルキューは減点対象となります)

●クラス構成

・全体のクラスの構成(ブロック数とその内容)

 

●指導スキル

○コリオのリードスキル

・途中で繋ぎの無駄なステップが入っていないか

・ブロックの繋げ方と全体の流れ

・1ヶ所にとどまって指導をしていないか

○キューイング

・バーバルキューの兄ようとタイミング

・ノンバーバルキューの明確さ

○曲の使い方

・32カウントの始まりを正確に捉えているか

・曲調を活かしてクラスの雰囲気を盛り上げられているか

 

●コミュニケーションスキル

○パーソナリティ

・カリスマ性、表情と笑顔

○コミュニケーション

・参加者に声をかけ、ダイレクトな反応が得られているか

○スタイル

・手をしっかりと伸ばし、大きく動けているか

・動きにエネルギーが感じられるか